血糖値のコントロール

血糖値をコントロールするにはどうしたら良いのか?そんなことを考えている人もいるはずです。やはり普段からの食生活に対して、どのようなことを考えているかが重要になります。短期間でも運動を続けることで、インスリンんお動きが活発になるために、糖尿病の予防や改善につながることがわかっています。立っているだけ、歩くだけでも効果が期待できるということになりますね。ほんのちょっとしたことですが、毎日の食生活に対して、どれだけ心がけるかが重要になります。

 

たった一回の運動だけでも血糖値が低下することがわかっています。

 

高血糖の原因の1つに脂肪の筋があります。脂肪筋とは、食べ過ぎや運動不足により、筋肉や細胞に余分な脂肪がまったくたまらないことを言います。

 

血糖値をコントロールするには脂肪筋肉を減らしてインスリンの旗r機を良くすることが必要で、そのためには運動が特に効果的問いわれています。

 

ただし、一回の運動でも、血糖値は良くなります、運動と言っても普段んお生活の中でできることが十分で、テレビは立ってみる、駅では階段を使うなど立つ時間や歩く時間を増やしてみるだけでもぜんぜん違うこともわかっています。

 

例えば体重60kgの人が30分のテレビ番組を立ってみるだけで、約50カロリーのエネルギーを消費できるし、毎日行うことで足腰の筋肉が鍛えられ、脂肪筋肉が減り、インスリンの働きが良くなれば血糖値改善んいつながります。